読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お幸持ち

会社員から個人事業主になり保育士になったワーママのブログ 今を幸せに生きることに決めました

社会保険上の扶養

個人事業主 ワークライフバランス

子育てママにとって扶養に入るか入らないかはとっても重要なポイントですね。

パートで働いている方からは、「扶養の範囲内で働きたい」という言葉をよく耳にします。

では、そもそも「扶養」ってなんでしょうか?

 

扶養には2種類ある

「開業届を出す前に注意すること」の過去記事でも書きましたが、扶養には2種類の扶養があります。

ここ、大事なポイントなんです。

「扶養の範囲内で働きたいんです」っと言われた時には「どっちの扶養の話?」と切り返せるように理解しておいてください。

詳しくは過去記事をご覧いただくとして、以下の2点であることをご説明しました。

今回は、後者の社会保険上の扶養のお話です。

 

社会保険上の扶養のメリット

社会保険上の扶養の最大のメリットは、健康保険と国民年金の第三号被保険者になれる、という点ですね。

つまり、第三号被保険者=保険料を納付する必要がない、とうわけです。

納付する必要がない、というなると健康保険が適用されなかったり年金がもらえなかったりするのかしら!?なんて心配は無用です。

払っている人とほぼ同等の権利があります。

本当に第一号、第二号の方には申し訳ないお話ですよね。

 

社会保険上の扶養になれる条件

実はこれが、意外と厳しいのです。

「130万の壁」といわれているやつですね。

130万と一言にいっても、実は税制上の扶養の権利を得られる「103万の壁」とは計算の仕方が異なります。

税制上の扶養は「所得」で計算しますが、社会保険上の扶養は「収入」で計算します。

以下に注意しなければならない例を列挙しておきます。

・パート先から支給される交通費は収入扱い

・個人事業主の通信費、水道光熱費等は必要経費にならない

・年末調整で還元されたものは収入扱いではない

これらの条件の詳細は加入している健康保険組合によって異なり、また組合によっては更に厳しい条件が付いている場合もあります。

気づかずに扶養を外れないよう、注意してください。

 

社会保険上の扶養を外れそうになったら?

社会保険上の扶養の範囲内で、パートや個人事業主をしていたつもりが、気づいたら稼ぎすぎてた!なんてことが一度くらいはありそうです。

その時は、扶養を外れて働くか、扶養内で働くか、どちらがいいのかよく考えてください。

国民年金の受給額は第一号だろうが第三号だろうが、皆同じです。

年金を払った人と、払ってない人が同額なんですよ。

受給額に差が出てくるのは、「厚生年金」の方です。

「厚生年金」は払った分だけ額が増えます。

厚生年金については、追って記事にしていきたいと思いますが、自身のワークライフバランスに合わせて、賢く選択していく必要がありそうです。

 

社会保険適用対象の拡大

2016年10月から施行される社会保険適用対象の拡大では、1カ月の賃金が8.8万円(年収約106万円)以上で社会保険が適用されることになりました。

その他の条件もあるため全員に適用されるわけではありませんが、今後適用対象が更に拡大される可能性は高いと思っています。

私を含めて、今一度自分の働き方を考え直す、いい機会になりそうですね!

 

今のところ第三号でのんびりしている幸子でした。

 

国民年金の付加給付制度

個人事業主

もしも個人事業としての収入が130万円を超えた場合、国民年金の第一号被保険者となると思います。

国民年金の納税料は固定で約1.5万円程度。

今年はとうとう1.6万円を超しましたね。

納税額の推移をみる限り、おそらく今後も納税料金は段階的に上がっていくものと予想されます。

 

でも、残念ながら受給額は下がっていくのだと思います。

本当に情けなくなる制度です。

頑張って働いて納税しても、老後を安心して暮らすには、個人でそれなりの蓄えをしておくことが必須です。

 

ただ、国民年金にも一つ、抜け穴的な制度があります。

それが「付加給付制度」。

 

国民年金の付加給付制度とは?

納税額を少し増額することで、将来受給できる年金を増やすことができます。

では、どのような制度が詳しく見ていきましょう。

  • 納税時

納税額に400円加算して支払う

  • 受給時

200円×付加保険料納付月数が年金に加算される

 

つまり、40歳~60歳の20年間支払い続けた場合、

支払額 400×12か月×20=96000円

受給額 200×12か月×20=48000円/月 を死ぬまで一生

 

す・・・すごすぎる。

例えば80歳まで生きると、15年間受給できることになるので72万も還元されるんです。

毎月の増額される金額は少ないですが、すごい制度ですよね。

 

付加給付制度の注意点は?

まあ、デメリットもあるわけです。

・第一号被保険者であることが必要

国民年金基金との併用は不可

ご覧のとおり、会社員や会社員の扶養となる妻は加入できません。

 

付加給付制度は個人事業ママに最適?

付加給付制度の注意点でも書きましたが、条件は第一号被保険者であることなので、対象者が一気に減ります。

大黒柱として働く自営業のパパ達は国民年金基金に入ってるケースも多いだろうし、これまた対象が狭まります。

残った対象に、扶養を外れて個人事業として働くママたちがいるわけですね。

個人事業の子育てママにとっては使わない手はないですね。

 

すんげー。

 

パート VS 正社員

日々の独り言

今とても悩んでいます。

理由は、パートで働くか正社員で働くか。

 

今はパートで働いています。

時間に余裕があるので、子供たちとのんびり過ごす時間や、趣味に費やす時間を確保できています。

心に余裕があるので、夫や子供たちにも感情的にイライラすることもなく、個人的にはこのままの状態が理想です。

 

しかし実は、勤め先からは正社員になってほしいと言われています。

資格がない状態から勤務したいと言ってきたこと、正社員を退職してまで保育士になろうとしたこと。

そういうことをとても評価してくれているようです。

しかも、かなりこちらにメリットがある働き方なんかも提示してくれています。

 

数か月パートを経験して思ったことは、やはり責任の違いでした。

社員と同じ時間パートで働いたとして、断然パートの方が楽です。

なぜなら、一歩職場を出ればママの顔に戻れるから。

正社員の時は、職場を離れても明日の仕事のことや、持ち帰った仕事のことが気になり、なかなかママの顔に戻れません。

プライベートとの切り分けが難しい、という感じでしょうか。

 

休みを取得するときもそうです。

パートの私が欠けてもそれをフォローしてくれる人はいますが、正社員だったら・・・と考えると休むことも難しいです。

 

でも、本当は担任を持ちたくて保育士になったのだから、これほどありがたい話はないのはず・・・。

 

どうしよう、どうしよう、どうしよう。

そう悩んでいるうちに、3月になってしまいました。

そろそろ結論を出さなければならないのですが、いまだにうじうじしている私です。

 

子育てママこそ個人事業

ワークライフバランス 個人事業主

本日はワークライフバランスについて。

私はこの1年で、3種類の生活スタイルを経験しました。

その中で得た結論は、「子育てママこそ個人事業」っということ。

結論に至った経緯をご説明します。

 

働き方ごとの生活時間

ワークライフバランスを比較するために「会社員」「個人事業主」「パートタイム」それぞれの働き方ごとに、一日の生活を棒グラフにまとめてみました。

f:id:osachimochi:20160228055832p:plain

  • 会社員時代

会社員時代の代表的な一日です。

仕事中は早く帰るために、休憩は取っていませんでした。

仕事を持ち帰ることも多く、その場合は就寝時間や家事を削っていました。

子どもとのんびり過ごす唯一の寝る前の1時間も、結局疲れ切って寝てしまうことも。

延長保育を使うと帰宅後の1時間がずれ込み、子供と過ごす時間が取れない日もありました。

 

基本的には家での作業なので、自由に仕事や家事の時間を決められました。

これはあくまで一例です。

これぐらいガッツリ働くのは週3日ぐらい、残りは家事やお友達と会ったりしていました。

子どもが寝静まった夜中や早朝に仕事をすることが多く、そうすることで保育園に預ける時間を短縮して、子供と遊ぶ時間を増やしたりしていました。

家事も好きな時間にできるので、暖かい日には布団を干したりして、土日の家事を減らすことができました。

 

  • パートタイム時代

ほぼ毎日、こんな感じです。

パートタイムなので家での仕事はほぼありません。

月に一度土曜出勤があり、その日は8時~18時までフルで仕事をします。

その間は夫が子供たちの面倒を見てくれています。

 

ワークライフバランスの比較

  • 睡眠時間の比較

基本的に寝ないとダメな人間なので、睡眠時間はあまり変わりません。

会社員時代は持ち帰りの仕事や溜まった家事をこなすために睡眠時間を削る場合も多く、いつも眠かったのを覚えています。

個人事業主時代は夜中に作業をする事が多く、睡眠時間は少なめですが、その分昼間に休憩をとっているので、体力的につらいことはありませんでした。

 

  • 仕事時間の比較

パートタイムはシフト制なので、ほぼ毎日一定です。

持ち帰りの仕事もほぼありません。

会社員は日によって残業や持ち帰りの仕事があり、仕事時間が増えることが多かったです。

個人事業主時代は、日によって大きく違いました。

気合を入れて仕事をする日を決め、その代り平日にお友達とランチする時間をとったりしていました。

 

  • 子ども時間の比較

とにかく一番の注目はここ。

個人事業主>パートタイム>会社員、となっています。

会社員やパートタイムはどうしても働く時間が固定です。

そしてそれは、「子供が起きている時間」と重なっています。

通勤時間も確保する必要がありますよね。

限られた「子供が起きている時間」の大部分が仕事で消えていくわけです。

 

一方の個人事業主は、時間を自由に変動させることが可能です。

「子供が寝ている時間」に仕事を移動させることで、昼間に子供と過ごす時間を増やすことができます。

通勤時間もありません。

しかも、作業によっては子供と一緒に楽しみながらできちゃったりします。

私は遊びがてら最後の仕上げ作業を子供に手伝ってもらっていました。

 

個人事業主はワークライフバランスに優れた働き方

前述したとおり、個人事業主は自身の裁量で、自由に働き方を変えることができます。

通勤がない、無駄な業務がない、仕事に強弱がつけられる。

会社員時代が長かったので、こんなに効率の良い働き方はないと感じました。

 

ワーキングマザーはとにかく時間に追われています。

私はほぼ小走りで生活していました。

結論のでない、だらだら続く会議なんかに出ていると、正直イライラしてきます。

電車が止まったり、渋滞にはまったりすると、お迎えに間に合うか冷や汗が出ます。

今日も子供の話をゆっくり聞くことができなかったと、子供の寝顔を見て涙が出てきます。

 

収入の違い

ただ、やはり「収入」が大きく変わってきますね。

私の場合、会社員>>パートタイム≒個人事業主、という感じです。

ただ、個人事業主は数か月しか本腰入れてやっていませんが、右肩上がりでした。

固定客も付き始めていたので、継続することでパートタイムよりも上になることは簡単だと感じています。

しかし、会社員の収入を超えるには、それなりの努力が必要だと感じました。

少なくとも、ここで書いた生活時間で仕事をしている以上は、会社員を超える収入は不可能だな、っと思っています。

 

あくまで私の一例なので、全ての方に当てはまるわけではありません。

ただ、子育て中のママにとって、組織に属さず、個人で働けくということは、かなり大きなメリットになります。

ルールはすべて自分で決めることができますからね!

 

私が会社を辞めたわけ

ワークライフバランス 個人事業主
私は2015年に10年強勤めた大手企業を退職しました。
仕事を辞めた理由は、いくつかあります。
 

一生働ける環境かどうか

専業主婦になるつもりはありませんでした。
何かしらの仕事は一生続けていたいと思っていました。
しかし、今の仕事を続けたいか?と言われると、返答に悩んでいたと思います。
40歳を過ぎた先輩社員は、それなりの役職につき、毎日鬼のように働いていました。
残業は当たり前、帰宅後も仕事を持ち帰る毎日。
なのに雑用も多く、研修だ、勉強だ、ISMSだ、ISOだ・・・。
例え子供たちにある程度手がかからなくなっても、思春期の子供たちに十分な時間を割いてあげることは難しいだろうと漠然と思っていました。
 

家庭と仕事が両立できるか

前述したとおり、平社員の私でも忙しい日々だったので、毎日の記憶がありませんでした。
とにかく、布団に入ったら一瞬で寝ていました。
ご飯を作る時間もまともに取れず、延長保育させた上にコンビニ弁当を食べる日も少なくありませんでした。
部屋の中はおもちゃで散乱し、ソファーの片隅には必ず洗濯物の山ができていました。
寝る前に読んであげようと心に決めていた絵本でさえ、読む余裕がなくなっていました。
 
2度目の産休に入ったとき、天気の良い日に、普通にお布団を干せることが本当に幸せだったことを鮮明に覚えています。
また、食卓に並んだ夕食を見た長女が「わー、今日はパーティーみたい!これはママが作ったの?」と興奮しながら喜んだことも。
どれだけ粗末なものを食べさせてきたんだろう・・・と猛反省しました。
 
「家庭と仕事を両立できてて偉いね!」なんて言われたりしましたが、両立なんて全くできていませんでした。
両立ではなく、単に溢れた作業を第三者に委託するか、諦めたか、だけなのです。
 

自分の成果で稼ぎたい

 大企業にいると、仕事はとても細かく分担されています。
製造業でしたが、私は商品の企画や開発などを担当していました。
でも私は、一度も営業や販売後のサポートをしたことがありません。
顧客の声は営業やサポート、マーケティングなどの担当を経て耳に入る程度。
自分の成果が、自分がもらっている報酬に見合っているのか、正直まったく実感がありませんでした。
 
そんな時、購入専門だったフリマで、軽い気持ちで趣味で作った品物を売ってみることにしました。
すると売れ行きはなかなか好調で、お褒めの言葉を多くいただくようになりました。
自分で考え、自分が作り、自分で売り込み、その分の報酬や評価が直接自分に戻ってきたのです。
そんな当たり前のことが、ひどくキラキラしてすっかり夢中になり、寝る間も惜しんで作業をするようになりました。
自分自身が認められ、仕事では得られなかった達成感すら感じ始めました。
 

決断

リーマンショックによる不況時には、大幅な人員削減がありました。
それまで会社に従順に働いてきた50歳を過ぎた先輩方が、たくさん会社を去りました。
ショックでした。
 
会社という組織に依存せず、本当の自分自身の成果で報酬が得られるようにしなければならない。
今思えば、諸先輩方の姿を見た時から、心は決まっていたように思います。
その結果めぐりあったのが、保育士という仕事と、個人事業主という働きかたでした。
仕事の大きさは小さくなってしまうかもしれませんが、自分が最初から最後まで関わることができる仕事の一つでは無いかなと思っています。
 
まだ歩き始めたばかりの道ですが、すこしづつ、いっぽづつ、進んでいけたらいいなと思っています。
 

開業届の出し方

個人事業主

本日のお題は「開業届」。

開業届ってなに?

 開業届は国税庁のHPで説明されています。

 新たに事業を開始したとき、事業用の事務所・事業所を新設、増設、移転、廃止したとき又は事業を廃止したときの手続です。

 じゃぁ、事業ってなに?ってなりません?

私は、簡単に言うと「収益が発生する行為」だと思っています。

自分が行った何らかの行為によって儲けが発生する場合は、

その収益に対して納税の義務がありますね。

つまり、開業届を出すことで「納税を行う義務が私はあります!」と

ちゃんと宣言するってことです。

 

開業届を出すメリットは?

 

宣言するだけで何のメリットもなかったら・・・

ちょっと面倒な作業でしかないですね。

でも実は、開業届を出すことで受けられるメリットがあるんです。

それが「青色申告ができる」ということ。

 

個人事業主は自身で確定申告を行い税金を納付しますが、

その納付額に影響を与えるのが青色申告です。

 

税金は所得額に応じて納付額が決まります。

 < 収入 - 経費 = 所得 >

 

でもこの所得に対して様々な控除が準備されていて、

該当する場合は所得から差し引くことができます。

例えば住宅ローン控除とか、配偶者控除、とかですね。

 < 所得 - 各種控除 = 課税所得 >

 

最終的に算出された課税所得に対して税金の納付額は決まります。

この各種控除の一つが「青色申告特別控除」で、

なんと、所得から65万円を差し引くことができるんです!

ほかにも、赤字を繰り越したりすることもでき、

節税対策としてはもってこいなのです。

 

開業届の出し方は?

 

開業届の出し方は2通りあります。

 

現在お住まいの地域の税務署に直接出向いて

「個人事業の開廃業等届出書」を提出すればOKです。

印鑑を持っていくようにしましょう。

 

もう一つの方法は郵送です。

届出書は、国税庁のHPからも取得することができます。

記入した届出書を税務署に送付すれば完了です。

その際、同じ書類を2枚同封し、1枚に「控え」と記載しておくと

税務署の押印が済んだ書類を控えとして返送してくれます。

 

開業届を出すのと同時に、青色申告の申請手続きも済ませておくと

2度手間にならなくて楽です。

こちらも国税庁のHPから取得することができますよ。

 

扶養の範囲内で働こうと考えているかたは

過去記事「開業届けを出す際の注意点」も参考にしてくださいね。

 

 

開業届けを出す際の注意点

個人事業主

 

最近は開業届けを出そうかと考えている

主婦の方は多いのではないかと思います。
アフェリエイトやセドリ、
ハンドメイド作品の販売などで
一定額の収入を得る方が増えているからです。  
 
そこで、夫の扶養の範囲内で働こうと
考えている方は注意が必要です。
 

税制上の扶養

 
まずは、103万の壁と言われる税制上の扶養。
配偶者の所得が103万を超えると
夫の配偶者控除が無くなってしまいます。
しかし、これは夫の課税所得が増えるだけで、
配偶者特別控除もあるため、
実はあまり大した問題ではありません。
 

社会保険上の扶養

問題なのは、130万の壁と言われる社会保険上の扶養。
130万の壁を超えると、第1号被保険者となるため
自身で国民年金や健康保険料を支払う必要があります!
こうなるとなり・・・
130万以上稼いでも、差し引きマイナスになる可能性があるのです。
 

130万以下でも社会保険上の扶養を外れる?

本題はここから。

個人事業主になっても、130万の壁を超えなければ
夫の社会保険上の扶養を外れることは無い。
多くのサイトでそのような記載があります。
 
しかし、保険組合によっては、
個人事業主になっただけで
扶養から外される場合があるのです。
130万どころか赤字でも、ってことです。
 
実は私もその1人。
私の場合は正社員→個人事業主だったので
年の途中で夫の扶養に入る手続きをしました。
手続き時に開業届けを出していることを申告したところ
個人事業主である以上は扶養には入れないと言われてしまいました。
年途中だったので確定申告が一度も完了しておらず、
事業所得が130万以下であることを証明できなかったのです。
結局、泣く泣く廃業届けを出すことになりました。
 
開業する際は健康保険組合のルールを
確認しておくことも必要ですね。
 
皆さんもお気をつけくださいね。