読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お幸持ち

会社員から個人事業主になり保育士になったワーママのブログ 今を幸せに生きることに決めました

開業届けを出す際の注意点

 

最近は開業届けを出そうかと考えている

主婦の方は多いのではないかと思います。
アフェリエイトやセドリ、
ハンドメイド作品の販売などで
一定額の収入を得る方が増えているからです。  
 
そこで、夫の扶養の範囲内で働こうと
考えている方は注意が必要です。
 

税制上の扶養

 
まずは、103万の壁と言われる税制上の扶養。
配偶者の所得が103万を超えると
夫の配偶者控除が無くなってしまいます。
しかし、これは夫の課税所得が増えるだけで、
配偶者特別控除もあるため、
実はあまり大した問題ではありません。
 

社会保険上の扶養

問題なのは、130万の壁と言われる社会保険上の扶養。
130万の壁を超えると、第1号被保険者となるため
自身で国民年金や健康保険料を支払う必要があります!
こうなるとなり・・・
130万以上稼いでも、差し引きマイナスになる可能性があるのです。
 

130万以下でも社会保険上の扶養を外れる?

本題はここから。

個人事業主になっても、130万の壁を超えなければ
夫の社会保険上の扶養を外れることは無い。
多くのサイトでそのような記載があります。
 
しかし、保険組合によっては、
個人事業主になっただけで
扶養から外される場合があるのです。
130万どころか赤字でも、ってことです。
 
実は私もその1人。
私の場合は正社員→個人事業主だったので
年の途中で夫の扶養に入る手続きをしました。
手続き時に開業届けを出していることを申告したところ
個人事業主である以上は扶養には入れないと言われてしまいました。
年途中だったので確定申告が一度も完了しておらず、
事業所得が130万以下であることを証明できなかったのです。
結局、泣く泣く廃業届けを出すことになりました。
 
開業する際は健康保険組合のルールを
確認しておくことも必要ですね。
 
皆さんもお気をつけくださいね。