読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お幸持ち

会社員から個人事業主になり保育士になったワーママのブログ 今を幸せに生きることに決めました

開業届の出し方

本日のお題は「開業届」。

開業届ってなに?

 開業届は国税庁のHPで説明されています。

 新たに事業を開始したとき、事業用の事務所・事業所を新設、増設、移転、廃止したとき又は事業を廃止したときの手続です。

 じゃぁ、事業ってなに?ってなりません?

私は、簡単に言うと「収益が発生する行為」だと思っています。

自分が行った何らかの行為によって儲けが発生する場合は、

その収益に対して納税の義務がありますね。

つまり、開業届を出すことで「納税を行う義務が私はあります!」と

ちゃんと宣言するってことです。

 

開業届を出すメリットは?

 

宣言するだけで何のメリットもなかったら・・・

ちょっと面倒な作業でしかないですね。

でも実は、開業届を出すことで受けられるメリットがあるんです。

それが「青色申告ができる」ということ。

 

個人事業主は自身で確定申告を行い税金を納付しますが、

その納付額に影響を与えるのが青色申告です。

 

税金は所得額に応じて納付額が決まります。

 < 収入 - 経費 = 所得 >

 

でもこの所得に対して様々な控除が準備されていて、

該当する場合は所得から差し引くことができます。

例えば住宅ローン控除とか、配偶者控除、とかですね。

 < 所得 - 各種控除 = 課税所得 >

 

最終的に算出された課税所得に対して税金の納付額は決まります。

この各種控除の一つが「青色申告特別控除」で、

なんと、所得から65万円を差し引くことができるんです!

ほかにも、赤字を繰り越したりすることもでき、

節税対策としてはもってこいなのです。

 

開業届の出し方は?

 

開業届の出し方は2通りあります。

 

現在お住まいの地域の税務署に直接出向いて

「個人事業の開廃業等届出書」を提出すればOKです。

印鑑を持っていくようにしましょう。

 

もう一つの方法は郵送です。

届出書は、国税庁のHPからも取得することができます。

記入した届出書を税務署に送付すれば完了です。

その際、同じ書類を2枚同封し、1枚に「控え」と記載しておくと

税務署の押印が済んだ書類を控えとして返送してくれます。

 

開業届を出すのと同時に、青色申告の申請手続きも済ませておくと

2度手間にならなくて楽です。

こちらも国税庁のHPから取得することができますよ。

 

扶養の範囲内で働こうと考えているかたは

過去記事「開業届けを出す際の注意点」も参考にしてくださいね。